屋根のリフォーム

水回り

住宅で最も劣化が気になりやすいのが屋根で、屋根が劣化すると日常生活などに大きな影響が出てきます。住宅にとって重要な部分とも言える屋根は雨や風を凌いでくれる効果があり、屋根によって私達の生活は快適に守られています。ですが住宅は年月とともに劣化するものであり、当然屋根も年月や風化によって劣化していきます。屋根が劣化していくと雨漏りや水漏れが起こるようになります。雨漏りや水漏れが起こると部屋の中の家財や家具が濡れてしまうことになりますし、機材の種類によっては雨漏りによって故障や破損を起こしてしまうこともあります。またこうした雨漏りが床や壁に蓄積していくと、水分によって床や壁が腐食してしまったり天井が崩れてしまうケースもあります。愛知などの地方ではこうした雨漏りの被害が多いため、定期的に屋根の改修やリフォームが行なわれています。雨漏りが発生すると住宅だけでなく住んでいる人や家財にも影響を及ぼしてしまうので、定期的に屋根のメンテナンスやリフォームを行ないましょう。

屋根のリフォームを行う際にはそれぞれの住宅に合ったリフォーム方法を選ぶ必要があり、耐久性や効果などもよく確認する必要があります。最も安い費用で行えるリフォームがシリコン樹脂塗料を使ったもので、耐久性が高く汚れにくいのが特徴です。そのため愛知などの家庭ではこのリフォーム方法はよく利用されており、とても人気が高い方法だといえます。フッ素樹脂塗料はカビを防止してくれる効果があり、シリコン樹脂塗料よりも汚れにくいという効果を持っています。耐久性も高くて長期間カビなどを防ぐことができるので、主に高層ビルなどで利用されています。一般的な塗料として知られているのがウレタン樹脂塗料で、屋根の劣化の主な原因である摩耗を防止する効果があります。屋根の劣化を防ぐには最も効果を発揮してくれる塗料であり、約十年程までは屋根の劣化を防いでくれます。また大阪や愛知といった地域では環境に優しいアクリル樹脂塗料が注目されています。